HISTORY / 沿革

HOME > 沿革

1952(昭和27年)
創業 初代田中義人が、紙器製品の製造・販売を始める
1961(昭和36年)
田中商店より会社組織となり、株式会社田中商店を設立
1971(昭和46年)
本社ビル建設(現 愛知県名古屋市中村区)
1983(昭和58年)
七宝工場建設(現 愛知県あま市七宝町)
1988(昭和63年)
小牧包装センターを開設
1991(平成元年)
本社第2工場跡地に8階建てマンションを建設
1994(平成6年)
滋賀営業所を開設
1995(平成7年)
2代目 田中正博が代表取締役に就任
2001(平成13年)
社名を株式会社田中商店より、株式会社タナパックスに改称
2002(平成14年)
七宝工場を増築し営業本部を新設、生産販売部を統合する
2006(平成18年)
総合工程管理システムである『PiCSYS』導入、情報の一元管理を開始
2009(平成21年)
東京営業所を開設(現 東京都中央区日本橋)
2013(平成25年)
社屋にソーラーパネルを設置、売電を開始
紙器工場を改修工事
BOBST社製 NOVACUT 106を新たに導入

七宝工場(事務棟全景)

会社全景.jpg